ゴミ屋敷

ゴミと共にたまるストレス!ゴミ屋敷のご相談は大阪の業者

なぜゴミ屋敷が生まれるのか

人形

ゴミ袋が室内に積み上げられていたり、生ごみや可燃ごみが何層にもなり積みあがっているレベルの家を「ゴミ屋敷」と呼び、単に散らかっているだけの家とは比べもにならないくらいの異臭や環境が悪いのです。
このようなゴミ屋敷が生まれる過程として、家主の億劫な生活態度でしたり、身体的な要因で満足に体を動かせず掃除を行えないなど理由はその人にとってさまざまであり、近隣の住民がその異変に気がついても昔の日本住宅のように地域との横のつながりが薄れてきている現代において、これらのゴミ屋敷に直接介入することは難しくなっているのが現状なのです。臭いの少ない可燃ごみの散乱であれば近隣住民への異臭関連の迷惑は被らないのですが、生ごみやたばこの吸い殻が幾層にも積み重なっているゴミ屋敷の場合は話は別であり、近々住民へ異臭やハエの増殖といった直接的な被害を出してしまい場合によっては裁判沙汰になることもある地域が抱える深刻な問題へとなりえます。
このようなゴミ屋敷の家主に定期的に近所の方が訪問をおこなったり、地域住民の横のつながりを強化することが早期解決の道しるべとなります。もし近所にゴミが溢れて困っている方がいた場合は、相談にのってあげたり、ゴミ屋敷を片付けてくれる業者を紹介してあげたり、助け合いを行いましょう。